TOP

キャリア教育コーディネーターとは

エントリーコースの特徴

基本を学べる「エントリーコース」(30時間)
エントリーコース研修風景

エントリーコース研修風景

キャリア教育とは何か?わが国で求められている人材像とは?という基礎基本からはじまり、キャリア教育コーディネーターとして必要な基礎的知識・技能の習得を目標としています。講義や参加型研修等を組み合わせ、30時間以上の研修を行います。(キャリア教育がなぜ必要なのか、学校の現状理解、効果的なキャリア教育プログラムの作成手法などキャリア教育コーディネーターに必要な基礎的知識を習得します。講義形式の回、参加型研修形式により多様な手法による研修が受けられます。また、多用な価値観を持つ参加者との議論により様々な気づきが得られます。)

 エントリーコースにおいて身につける知識
(1)我が国に求められる人材像とキャリア教育    (2)キャリア教育に関わる取組
(3)キャリア教育コーディネーターの業務と役割   (4)地域資源の理解とネットワークの構築
(5)地域・企業のキャリア教育支援の現状      (6)地域の雇用や産業等の現状
(7)教育行政に関わる組織と現状          (8)学校組織と教職員の職務の現状
(9)児童・生徒等の発達の段階と現状        (10)学習指導要領
(11)キャリア教育ではぐくむ力          (12)キャリア教育の事例
(13)プログラムの開発              (14)各教科等との関わり
(15)効果測定方法                (16)プロジェクトマネジメント

 

各育成機関のカリキュラムの特徴(準備中)

エントリーコースは、育成ガイドラインをベースとしながら、各地域の教育行政・産業構造等の特色に合わせ、各育成機関にてカスタマイズを行っています。

 

 育成機関名

(株)ソシオエンジン・アソシエイツ

 エリア  首都圏
特徴

●キャリア教育の分野で教育支援したいと考えるすべての社会人に
 受講いただける講座です。エントリーコースのみの受講も可能です。
 (そのため「キャリア教育支援人材養成講座」という名称になっています。)
●学習領域として「学校・子ども」「地域・企業」「コーディネート機能」「キャリア教育」
 という4つの視点を扱うことで、学校・教育について正しい知識を持ち、
 教員の立場への理解・共感、信頼関係の構築ができる支援人材を目指します。
●教育支援には様々な関わり方があります。ひとりひとりが、強みや経験を活かしながら
 「どのように関わるのか」を考える機会を大切にしています。
●事前学習・課題の提出→集合研修→事後課題の提出という流れで、
 知識の習得と活用を繰り返すことで、実践的な知識とスキルを身につけていきます。
●集合研修はワークショップ(実践の疑似体験)を中心に据えた構成になっています。

 ★集合研修 : 3日間(10:00−17:30)※主に土曜日
 ★自宅学習 : 有 (eラーニング6コンテンツ +提出課題 合計約12時間相当)
 ★提出課題 : 有 (事前事後合わせて6種類)
               ※修了にあたっては全課題の提出が必要。
 ★欠席の扱い : 集合研修1回まではビデオ補講が可能。
               ※すべての回のビデオ補講は不可。
 ★年度をまたぐ振替受講 : 不可

受講料

86,400円(税込)※テキスト代含む

詳細URL  http://click-t.jp/socioengine-edu/entrycourse

 

 育成機関名

 特定非営利活動法人アスクネット

 エリア  東海圏
特徴

キャリアカウンセラー・PTA・こども会(地域活動)・学校と関わる職業の方など、
こども・若者を外部からサポートしている方が毎年多く受講しています。
コーディネーター(外部支援)の役割について、「知識」と「事例」両方の理解を深め、
現場で活躍できる確かな能力を会得したコーディネーターの育成を目指します。
●[現場の最前線で活躍するゲストによる講演]
 教育委員会・元教育長・地域コーディネーター・教育団体代表・教員・人事研修講師等※、
 毎回多彩なゲストをお招きして講座を行います。
 テキストだけでは理解できない現場の生の声をお伝えしています。
●[テキスト内容(2時間)・ゲスト講演(2時間)・ワークッショップ(2時間)]
 まずテキストを使用しながら基礎知識を学びます。次にゲスト講演により、
 基礎知識が現場ではどのように活かされているのか講演・質疑により理解を
 深めていきます。最後に、知識を活用するワークショップを実施し
  学びをアウトプットします。
●[有資格者による学びのサポート]
 講座の運営には有資格者OB・OGが協力しています。
 講座内容の知識理解をその場で有資格者が個別サポートし、
 受講生との縦のつながりをつくります。※これまで登壇したゲストとなります。

 ★集合研修 : 4日間(9:30−16:30)
 ★自宅学習 : 無
 ★提出課題 : 有 (3種類) 
 ★欠席の扱い : 課題を全て提出すれば、
          1日のみの欠席までは修了用件を満たします。
 ★年度をまたぐ振替受講 : 不可

受講料  81,000円(税込)※テキスト代別途必要
詳細URL  http://www.asknet.org/ikusei/

 

 育成機関名

 (株)キャリアリンク

 エリア  主に首都圏・関西地域(全国応相談)
特徴

 ※準備中

 86,400円 (税込)※教員・学生43,200円(税込)
詳細URL  http://www.careerlink-edu.co.jp/careercollege/

 

 育成機関名

NPO法人JAE/特定非営利活動南大阪地域大学コンソーシアム

 エリア  関西圏
特徴

JAEと南大阪地域大学コンソーシアムの育成講座はここが特徴‼︎

①    教育現場で活躍中の充実した講師陣
②    ワークショップや講義を通しじっくり学べる5日間のプログラム
③    集合研修だからこそ得られる受講生・卒業生とのネットワーク

 ★集合研修 : 5日間(10:00−17:30)※主に土曜日 
 ★自宅学習 : 有 提出課題 合計約2時間
 ★提出課題 : 有 一種類(プログラム開発資料) 
 ★欠席の扱い : 講座出席率8割
          ※集合研修1回まではビデオ補講が可能。
 ★年度をまたぐ振替受講 : 不可

受講料
86,400円(税込)学生/教職員割引 43,200円
※テキスト代別途要(1,812円)
※学校現場の普及啓発を積極的に応援しています。
詳細URL  http://jae.or.jp/coordinator/cd_kouza/
http://www.osaka-unicon.org/coordinator/lecture.html

 

 育成機関名

カンパニュラ

 エリア  九州全県・山口
特徴

●事前学習・課題の提出→集合研修→事後課題の提出という流れで、
  知識の習得と活用を繰り返すことで、実践的な知識とスキルを身につけていきます。
●集合研修はテキスト中心の座学研修ではなく、実践に近いワークショップを
 中心に行います。グループワークを多く取り入れ、
 個性豊かな方々と交流を深めながら、キャリア教育プログラムの基本を学びます。
●Campanulaの過去の活動事例、他地域での活動事例を紹介し、ご参加者ご自身に
 合ったキャリア教育コーディネーターとしての活動の仕方を見出して頂きます。
●小・中・高の教員や教育委員会の方々へのインタビューワークを通して学校、
 教育委員会の現状を把握し、キャリア教育コーディネーターの役割について
 理解を深めます。
●参加人数10名以上の場合、他地域で活躍するキャリ教育コーディネーター養成講座に
 よる教育プログラム設計講座も。
 バリエーション豊かなプログラム構築ノウハウが学べます。

 ★集合研修 : 3日間 (10:00−17:30)
 ★自宅学習 : 有 (eラーニング6コンテンツ + 課題)
 ★提出課題 : 有 (事前事後合わせて6種類)
         ※修了にあたっては全課題の提出が必要。
 ★欠席の扱い : 集合研修1回まではビデオ補講が可能。
         ※すべての回のビデオ補講は不可。
 ★年度をまたぐ振替受講 :不可

受講料  86,400円(税込)※テキスト代含む
詳細URL

http://www.jobstudy.jp/


こんな方におすすめします
  • 子どものために何かしたいと考えている方
  • 企業のCSR担当者、人事、採用担当者の方
  • 子ども関係のNPOに関わる方
  • キャリア教育に興味のある方
  • 地域活性に興味のある方
  • PTA、学校支援者として活動をしている方
参加した方々の声
  • 子育てが一段落したので、何か子どもたちにできることはないかと受講しました。
    ただ講義を聴くだけでなく現場での様々な事例の話しなど生の現場の声がきけて、とても参考になりました。自分の子育てを振り返るきっかけにもなったので、ぜひ若いお母さんにも受講していただきたいです。(40代主婦)
  • 若いころは教師になりたくて、大学でも教職をとりました。現在は一般企業の普通のOLですが、教育に関わりたくて参加しました。こういった形で、子どもや学校に関われるのですね。もっと勉強したいです。(30代会社員)
  • 大手企業に勤めていましたが、退社して起業しています。子どもには小さいうちから自分が何をやりたいかを考えてもらいたいと思い、キャリア教育をぜひやりたいと受講しました。会社を教育関連事業にシフトしていきたいので大変参考になりました。(30代自営業)
  • 企業内でCSRを担当しているので参加しました。企業人が学校へ行きキャリア教育を行う意義や必要性がよくわかり、社内を説得する材料ができました。不況下にあって会社としてCSRをどのように位置付けようかと部署としても悩ましいところでしたが、CSR担当だからできることというのが見えてきた気がします。ありがとうございました。(30代CSR担当)
  • 学校の現状というのがよくわかっていませんでしたが、受講してよく分かりました。企業内にもコーディネーターが必要だと思いました。(会社員)

 


ページの先頭へ戻る
トップページ
キャリア教育アワード キャリア教育コーディネーター人物図鑑
経済産業省 文部科学省 キャリア教育コーディネーター 新たな教育作りの仕掛け人 [単行本] キャリア教育プログラム開発推進コンソーシアム“企業が提供する教育プログラム情報サイト たんぽぽの風 みんなの教育